AGAは進行性

どれだけ『見た目にはこだわらない』とは言っていても、自分なりに自分の基準から外れないほどの見た目ではあり続けたい、と思っている方は少なくないでしょう。男性であったとしても、そういった点は捨てないで行きたい、と思っている方が多いでしょう。

しかし、薄毛や抜け毛の問題など、髪の問題は、やはり個人的な問題ですので、他人にはあまりそのことは話したくはないけれど、自分で知った時に自分で治療を行いなおしたい、と思うかもしれません。
薄毛の場合、もしまだ髪自体が失われていないのであれば、充分に治療して今後生えてくる可能性はあります。薄毛は誰もが諦めてしまうことがあるかも知れませんが、正しい治療を行うことによって、改善は可能なのです。

あなたは、薄毛に関して諦めてしまってはいませんか?また、最近薄毛が進行して生きたように思えるのに、それを放置してはいませんか?もしそれが進行性のAGAである場合、薄毛はさらに深刻化してしまいます。
だからこそ、原因を早目につきとめて、その原因に合った治療、改善を行っていくことが大切です。ですから、諦める必要はありません。薄毛は治すことができます。継続的に、粘り強く治療を行うことによって、です。

男性ホルモンの影響

ヘアサイクルを乱す原因の一つとして、『ホルモン』の影響があります。分泌されるホルモン物質の割合は女性と男性で異なっており、男性に多く分泌される男性ホルモンが、薄毛の原因となってしまうのです。
と言っても、男性ホルモンが悪、という訳ではありません。男性ホルモンは髪を強く保たせるのに役割を果たしているからです。

では、何が悪いのでしょうか。その男性ホルモン…『テストステロン』と言いますが、それが、特定の物質の働きによって『DHT(ジヒドロテストステロン)』という物質に変化してしまうことが、主な原因となります。このDHTが、いわば男性にとっての薄毛を進行させてしまう主な原因となっているのです。
そしてこのDHTを生成するために引き金となるのが「5aリダクターゼ」という物質ですが、この物質の分泌を抑えるために、AGAの主な治療薬である、『プロペシア』という薬が役に立つのです。

もし薄毛の原因がAGAと診断されたなら、それは進行性のものであるため、放置しておけば薄毛は進行してしまいます。ですから、手遅れになる前にAGA・薄毛の治療を行い、進行を食い止めることが必要となります。
皆さんは実感されているでしょうか。もしそうならすぐに正しい情報を得ましょう。

ヘアサイクルが乱れると?

人間の髪は、どこか見えない場所から勝手に生えてくるようなものでも、土から生えてくる草のようなものでもありませんが、どちらかといえば後者の生え方には似ているかもしれません。
正確に言うと、頭皮の中の毛母細胞や毛根といった部位が髪の生成に関係しています。そこに栄養が運ばれてくることによって髪にも栄養が補給され、成長していくことができるのです。

髪には、生えてから抜けるまでの、『ヘアサイクル』という繰り返すサイクルがあります。髪が生成されて生えてきますが、その段階ではまだ生え始めで、子どものような存在です。
そこで栄養を補給し、髪はどんどん成長していきます。成長しきった髪は古くなり、古くなった髪は抜けることになります。このサイクルによって、髪が抜けても新しい毛が生えてきているので、髪の総量的には問題が無いはずなのです。

しかし、薄毛になってしまうのは、このヘアサイクルが乱れることが原因の一つであると言えます。ヘアサイクルは様々な要因によって乱れることがあります。それらが関係しているのが、生活習慣病や、AGAによる症状であり、それらが引き起こされることによって、薄毛、ましてはそれに連なる抜け毛という症状も深刻になります。

AGAと薄毛の関係

人間はいつも栄養というものを必要としています。私達がいつまでも生きているためには、いわゆる車にとっての燃料のような、栄養分を必要とします。
もし栄養分をいつも補給していないならば、私達のエンジン、いわば生命は止まってしまいます。といっても、そもそも食事をすることで栄養分を補給していますが、単にそれは生命維持の為に用いられているのではありません。栄養分がどこか一か所に溜め込まれているわけではありませんし、それを動力源にして生命維持を行っているのでもありません。
私達の体は、より複雑な作りをしており、その中の様々な場所を血液に乗って栄養分がいきわたることによって、それで健康というものを維持していられることができるのです。

さて、たった一部分しか栄養分を必要としているのではなく、体の全体が栄養分を必要としているのですが、その一つに「毛髪」があります。私達の髪の毛は、実は栄養分が無いと生えてこないのです。
そもそも髪が成長するためにも、栄養分が血液を通って、運ばれてくる必要があるのですが、もしその髪に届けられる栄養分の質が低下してしまったら、どうなってしまうでしょうか。それが、いわば『薄毛』や『抜け毛』を引き起こす最大の原因となってしまうのです。

現代では、薄毛に悩んでいる方はかなり多くの方がおられます。そしてそういった方々は、栄養分の摂取を含む生活習慣、髪のケアの方法、またはAGAが原因となっていることがあります。