男性ホルモンの影響

Pocket

ヘアサイクルを乱す原因の一つとして、『ホルモン』の影響があります。分泌されるホルモン物質の割合は女性と男性で異なっており、男性に多く分泌される男性ホルモンが、薄毛の原因となってしまうのです。と言っても、男性ホルモンが悪、という訳ではありません。男性ホルモンは髪を強く保たせるのに役割を果たしているからです。

髪の毛

では、何が悪いのでしょうか。その男性ホルモン…『テストステロン』と言いますが、それが、特定の物質の働きによって『DHT(ジヒドロテストステロン)』という物質に変化してしまうことが、主な原因となります。このDHTが、いわば男性にとっての薄毛を進行させてしまう主な原因となっているのです。そしてこのDHTを生成するために引き金となるのが「5aリダクターゼ」という物質ですが、この物質の分泌を抑えるために、AGAの主な治療薬である、『プロペシア』という薬が役に立つのです。

もし薄毛の原因がAGAと診断されたなら、それは進行性のものであるため、放置しておけば薄毛は進行してしまいます。ですから、手遅れになる前にAGA・薄毛の治療を行い、進行を食い止めることが必要となります。皆さんは実感されているでしょうか。もしそうならすぐに正しい情報を得ましょう。

次の頁→AGAは進行性