ヘアサイクルが乱れると?

人間の髪は、どこか見えない場所から勝手に生えてくるようなものでも、土から生えてくる草のようなものでもありませんが、どちらかといえば後者の生え方には似ているかもしれません。

正確に言うと、頭皮の中の毛母細胞や毛根といった部位が髪の生成に関係しています。

そこに栄養が運ばれてくることによって髪にも栄養が補給され、成長していくことができるのです。抜けてきた髪には、生えてから抜けるまでの、『ヘアサイクル』という繰り返すサイクルがあります。

髪が生成されて生えてきますが、その段階ではまだ生え始めで、子どものような存在です。

そこで栄養を補給し、髪はどんどん成長していきます。成長しきった髪は古くなり、古くなった髪は抜けることになります。このサイクルによって、髪が抜けても新しい毛が生えてきているので、髪の総量的には問題が無いはずなのです。

しかし、薄毛になってしまうのは、このヘアサイクルが乱れることが原因の一つであると言えます。ヘアサイクルは様々な要因によって乱れることがあります。それらが関係しているのが、生活習慣病や、AGAによる症状であり、それらが引き起こされることによって、薄毛、ましてはそれに連なる抜け毛という症状も深刻になります。

(AGAは進行性)